2006年07月15日

東京大学ゲーム研究会とは?

東京大学ゲーム研究会の紹介をちょっとさせてください。

東京大学ゲーム研究会は、東京大学で活動するゲームサークルです。

主な活動は年に数冊の会誌(販売するもの/しないもの合わせて)を発行すること、また東京大学の学園祭(5月の「五月祭」と11月の「駒場祭」)において企画を計画・実行することです。

しかしながら会誌および学園祭企画のネタは、各会員が自由にゲームをプレイすることから派生してくるものが多く、そういう意味では真のメインとなる活動は「ゲームをすること・および会員同士でのその情報交換」と言えるかもしれません。

伝統的にゲームのやり込みを行う層が厚く、そのため近年学園祭企画はRTA大会となることが多いですが、RTAをやること自体は目的とはしていませんし、学園祭大会でもRTA以外の企画もたくさん行ってきました。

とはいいつつ今回の企画は学園祭でもなんでもないのに「FF12作連続RTA」だったりしますが、まあ多分今の会員がお祭りが好きなんだと思います。

ちなみに、実は当サークルではこの「FF12作連続RTA」以外に夏休みにもうひとつ企画を行うみたいで、そちらの方はこの企画と全く方向性の異なるものだったりします。

当サークルのWebサイトは
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Rook/6615/index.html
にあります。サークルからのお知らせは基本的にここで行います。
掲示板を覗いてみると雰囲気がつかめるかも…?
(ただいま、スパムに苦しめられておりますが)
posted by TGA at 14:42| 概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。