2006年07月21日

うっ…頭がいたい!記憶そうしつじゃ!

こんばんは、FF5担当+東大ゲー研の裏方担当の0-shiと言う者です。

今日はFF5について…

FF5はシステムの評判がとても高く、やり込み界においては超人気作品に数えられます。
パーティーキャラ4人のレベルが2,1,1,4でクリアすると言う極限低レベルクリアをベースにさらに多重の制限を掛けた非常に多種多様な低レベル系やり込みが幾多にも達成されてきました。

ところが実はRTAはそれほど多くありません。低レベルがあまりに魅力的すぎるからでしょうかね。
でもRTAも極限ではないにしろ、比較的低レベルでゲームを進行していくことが求められるために、低レベル攻略のノウハウというのは大変参考になります。

というわけで、ここをご覧の皆さん、是非一度FF5の低レベル系やりこみを振り返ってみてはいかがでしょう。ULTIMAGARDENから辿れる各サイトで、いろいろと見ることができます。

では最後に、FF5劇場〜RTAの苦悩「序盤編」をお送りしてお別れしましょう。

ガラフ「まいったのー いったい、だれじゃ!フェニックスの尾をぬすむなどと言いだしたやつは!」
『おいおい、じいさん あんただろ!』
ガラフ「うっ…頭がいたい!記憶そうしつじゃ!」
『ったく、つごうのいい記憶そうしつだな それにしても、おどろいたな…フェニックスの尾が1000ギルだったなんて…』
posted by 0-shi at 23:59| FF5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。